« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

まもなく開催 「木津川アート」 にちなんで

Cci20101028_00000_2

まもなくはじまる

農園関係者も参加する「木津川アート」。

木津で始めての大規模なアートイベントらしく

みんなかなり張り切って準備中の様子。(→こちらコチラで詳しく見ていただけます。)

Beeでも同じ地元木津で友人達が頑張っているのを

応援しようと

木津川アート(勝手に)応援イベントとして

写真展を行います。

.

・・・写真展っていってもたいそうなものではないので恐縮ですが

農園入口にあたらしく出来た小屋にて

みんなが思い出に残っている景色や

農園での出来事を写した写真を集めて展示し

訪れた人々にソレを見てもらい

木津のよさを少しでも知ってもらえればなー

.

そして

出来るだけ長く

この場所が

今のカタチを続けていけたらいいな

と思って企画しました。

.

Ca341915

何もない農園ですが

歩きつかれた足を休めに

フラリと農園にいらしてください。

(また後日詳細UPして行きます。)

.

※ちなみに飛び入り参加もOKですよ。

畑好きのあなた

お気に入りの一枚を手に農園までお越しください。

.

.

.

090508_165302

          お母さんがお豆を収穫するのを見守る赤ちゃんたち

.

.

.

.

ユメ

「こんなことがしたい」

「こんな風になりたい」

仕事柄もあって

いろんな夢の話を聞く機会が多い。

.

A30ccaecs

初めの内は

人に話すと「えー、なにソレ」って言われてしまうくらい

夢ってはかない部分もあるけど

話し続けているうちに

自分にとってそれが

本当に大切なんだなって気が付く。

.

.

お父さんが昔

お金がなくたって願い続けたら

夢ってかなうんだよって

教えてくれた。

.

ほんとにお金がなくても

何度も家を建て最後には

ちゃんと理想の家を建てた

お父さんの言葉にはとても説得力があった。

.

.

夢をカタチにする前

胸がもやもや不安な気持ちが一杯になるけど

それって高くジャンプする前の

力の溜め、みたいなもんだよ。きっと

.

だから 頑張れ。

.

.

.

.

2010年10月24日 (日)

土間打ち

Ca341936

薪ストーブがやってきてからも忙しさにかまけて

長い間放置され続けてきた我が家の土間。

そろそろ冬の気配が近づいて来たみたいであせって今日コンクリートを流した。

朝から夫とともにバタバタ準備。

家中足場だらけ(笑)。

Ca341938 Ca341937

Ca341934 Ca341939 Ca341942 Ca341943 Ca341944_2

まったく家の中とは思えない現場っぷり。

家中セメントだらけで

打ち終わった土間はネコの足跡だらけ。

我ながらほんまようやるわーと時々思う。

.

焼肉するはずだったSファミリー

ご迷惑をおかけしました。

お肉、とっても美味しかったです!

.

残業させてしまった

お仕事仲間のお二人。

毎度毎度スイマセン。

.

今度は着火式に

リベンジさせてくださいね。

.

ありがとうございました。

.

PS せっかく訪ねてきたくださった emr+ちゃん、

バタバタしててちゃんとお話できなくてごめん!

コレに懲りずにふらりと来てねー。

(ちなみにシナ合板 モノは こんなヤツ

Ca341351

我が家のはこれの一回り大きいサイズの端切れを

並べて使ってます。これ意外と好評で

他にも何人か問い合わせいただきました

愛想ない感じがええよね。)

.

.

.

.

.

.

2010年10月23日 (土)

わっしょい

Ca341932

今日は村のこどもみこしの日。

この土地に引越しして来てから初めて参加させていただいた。

子供たちで わっしょい わっしょい担ぐのかしら・・・?

やや不安になりながらも行ってみると

いえいえ、やっぱり子供「コマあり」です^^

Ca341933

我が家は普段から車生活で

すっかり歩かない子供たちになってしまっているので

コレを機会に一杯歩けよっ!と

最後にもらえるはずの「ご褒美のオヤツ」

を合言葉に頑張らせて来ました。

.

急遽参加の

ばぁばぁも一緒に

「よいよいよーい。」

.

同じくご町内の Beeオーナーの御孫さんたちとも一緒に

秋の御祭りを楽しんできました。

.

.

地域のつながりって正直言うと めんどくさい。

でも めんどくさいけど

それが無い方が いざ困った時 もっと大変。

.

その土地に根をはり

生きていくには

周りの木の気持ちも

少し知っている方が

良いと思う。

.

.

.

.

.

.

.

.

2010年10月21日 (木)

dekiteku dekiteku

デキテク デキテク なにが出来てく? デキテク デキテク デュワー♪

NHKで流れてる歌 毎日鼻歌歌いながら 作業してます。

今日もだいぶ出来ました。

Ca341897_2

  Ca341907_2 Ca341910

Ca341914 Ca341919 Ca341912 Ca341921

H氏、ペンキ塗りオツカレサマでした!

さてさて明日でひとまず大工作業はお休みです。

後は壁塗りしてから 建具調整 なんやら かんやら。

.

寒くなる前には出来るかな。

.

.

.

2010年10月20日 (水)

作業の続き

Ca341890

昨日は一日壁張り 「地震に強い ノダラスカット」  この距離からでも読める自信たっぷりのキャッチコピーに 通りがかりの畑のライターホナミちゃんが食いつく(笑)。

Ca341894

イカツイ鉄扉 鉄骨の骨組み 「ザ・男の工房」って感じ。 カッコイイやーんっ。

この後Fさんと二人で どんどんラスカットを張った。おかげで

帰り際にはカラス小屋みたいになった。

.

はやくこの部分が塗り壁になった所を見てみたい。

(banさん 塗り塗り部隊、お願いします!)

明日は gris チーム の手により鉄骨が白くなる予定。

それまた楽しみ。

.

今日は一日事務仕事の日。

溜まりにたまったPC作業。

バリバリこなし?つつ

合間に子供の通っている保育園の

竹パン作りに参加した。

Ca341898

竹にパン生地を巻きつけ 炭火の上でコロコロ。

かなり原始的な感じでしたが 無事焼けました。

焼きたては結構美味しかったデス。

ご馳走様=

.

さて明日はまたまた小屋の作業。

頑張ります!

.

.

.

.

.

2010年10月18日 (月)

畑で作業

Ca341882

今 beedama工房から見る景色はだいたいこんな感じ。(夕方この下も少し進んだ。)

植物を育てるので朝から昼にかけての採光が大切と言う事で

東南の折曲(オレカネ)は窓になっている。

.

Ca341877

ちょっと画像ではわかりにくいんだけどかなりカッコイイドアも付いた。

Ca341878

携帯画像の限界か・・・。コチラでキレイな画像を見ていただけます。

.

久しぶりに畑で作業すると久しぶりの顔に沢山出会って楽しい。

Ca341889

ここで作業してると

畑でお母さんが作業中の子が傍らで大工仕事を始めたり、

畑の隣人がおイモホリを子供らにさせてくださったり、色々な事が起こる。

以前 ここに工房を構えていた頃はほぼ毎日こんな感じで

ゆるーくやっていた。

Ca341879_2

なんだか早くも 

懐かしい。

.

.

.

.

2010年10月16日 (土)

屋根が出来たぞ

Ca341871

banさーん、今日は屋根が出来ましたよー^^ 

きっと見に来たくてウズウズしている筈なので今日の作業のご報告です。

Ca341869_3

前から見るとこんな感じ

Ca341870

今日は恵古箱さんが来ていたので

Ca341874

新しく出来た屋根の上からは古道具を見ながらお話している人の姿が沢山見えました。

屋根に登っていつも思うこと

.

「あーこの仕事しててよかったなぁー。。。」

.

それくらい屋根の上から見る景色は格別です。

遠くに見える山の緑や稲刈りの様子

ホント、キレイだなぁー、と思います。

.

たとえそれまで あまりキレイだと思っていなかった様な景色でも

目線の高さが3M上がると

そこはまったく別の世界のように感じるのです。

.

.

世の中には沢山のお仕事があると思うのですが

これから大工さんになって見たい子供には

こんな素敵な事があるんだよって教えてあげたい。

.

.

PS 今日工房を訪ねて来てくださったお客様。

不十分な説明で申し訳ありませんでした。

.

現在工房はまだ稼動出来ない状態のため

お見せすることは出来ませんが

住宅部分はご連絡いただきましたら ご覧いただけます。

また現在は 工房の問題もあり

雑貨部門はお休みとさせていただいており

工事部門のみを行っております。

よろしくお願いいたします。

.

.またよろしければお立ち寄りください。

.

.

.

.

.

.

2010年10月15日 (金)

beedama 工房

Ca341859

さてさて、昨日は初の試み

「IN RAKUDA HOUSE お茶会」に皆様ご参加くださいまして有難うございました。

おひとりおひとりの顔がキチンと見える ちょうどいいぐらいの人数。

お久しぶりの方 初めましての方 

いろんな方がそれぞれの立場で

色々なお話をしながらゆったりお茶していただきました。

たまにはこーいうのもいーなーと思いました。

なかなか自分では面倒でこういう機会を設けないのですが

今回は 宇治子育てを楽しむ会 sakoさんのおかげで楽しい時間をもてました。

sakoさん!どうも有難うございました=

Ca341861

さてさて、今日からいよいよ始まりました。

Beedama工房の工事再開です!

Ca341867

もちろんあの人も

Ca341863

通りがかりのあの人も

Ca341862

この人も

Ca341868

いちばん工事を心待ちにしていたこのお二人も。

色々手伝っていただき有難うございます!

またコレに懲りずに通りがかってくださいね!ウフフ

これからしばらくこちらにかかりきり

明日も頑張ります!

・・・でもちょっとヤバイな風邪引いたみたい。

.

今日はもう寝よ。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

2010年10月13日 (水)

MAKING OF ポンプ場跡 後記

  37da1822ゆったりとした日常の時間が流れ始めた我が家と(うおぱんさんのBLOGより画像お借りしました!またゆっくり遊びに来てねー)

VERT DE GRIS↓

Ca341850_2

ずいぶんと長いMAKINGになったなぁ・・・

でもまぁそれだけ長い工事やったしね。

色々思い出しては書いたので

たった一年前の事なのに

何だかすごーく昔のことみたいで

書き終わったら一気に年をとったようで

まるで浦島太郎になったみたいな

そんな変な気分。

20100913002952

お店の方はおかげ様で バタバタしすぎる事もなく 

比較的良いペースで毎日沢山のお客様にお越しいただき 有難うございます。

こんな辺鄙なトコロまで遠方からもお越しくださり、オーナー共々恐縮シテオリマス。

20100918 20100917

これからも息の長い、素敵なお店になって欲しいなーと隣人としては願っております。

                            - - -

2010100513050000

我が家の方はネコもこの通り、ご機嫌さんで

人間達は、庭で栗を拾っては食べ、お芋を掘りに出掛けて行っては食べ、短い秋を満喫して居ります^^

 Ca341836_2 Ca341779_2

そうそう先日待望の薪ストーブも到着しました。

Ca341791

Ca341792

寒い寒い冬を乗り切る 大切なパートナーです。早く寒くなる前に設置しないと・・・。

でも それには先ず、土間を占領しているポンプをどけなくては(笑)。

Ca341845

.

これからもこんな感じで毎日が続いていくのだと思います。

また困った事が起きたり、嫌なことがあったら

このブログを見て、初心に帰ろうと思います。

.

最後に

.

私達家族と グリ一家を

支えて来てくれたそれぞれの家族と

応援してくださった全ての皆様に

.

ただただ感謝の気持ちで一杯です。

有難うございました。

そしてどうぞ

これからもヨロシク!

.

A064_2& A066_3  

.

2010年10月13日

フタコブラクダ 伊藤 めぐみ

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

2010年10月10日 (日)

MAKING OF ポンプ場跡 その18

201009132215542fd

↑ Jackeyさんのブログより (VERT DE GRIS エントランス入口にある錆びた看板 グリトラックに長い間ついていたモノ こちらは鉄作家Nサンの作品です。時間が経つと共にサビが増しいい風合いになってきました。)

                                                        - - -

20100917152435

お店の準備もなんとか間に合いいよいよプレオープン当日を迎えました。

この日はほとんど一般の方にはお知らせせず

彼らのご家族と畑の仲間、 この場所を作ってくれた作家さんを中心に

ごくごく身内のみに開店の報告をかねてささやかな会となる予定でした。

B0127180_8164010_2

OPENも近づいてきたある日 畑の妖精? sonoki maiko がふらりと現場にやってくるまでは

Ca341567 

いつものように ふらーり現場を突撃してきたsonoちゃんはアツイ口調で語ります。

「プレオープンの日に、みんなでグリちゃん達をびっくりさせたい!たとえばやって来る人やって来る人、手に手に一輪のお花を手にやって来て、気づけば二人は両手に一杯の花を抱え 号泣している・・・あー想像したしただけで泣けてきましたヤバイ。。。」

またmaikoの妄想が始まったでーと思いつつ

確かにみんなでお祝いしてあげるのはいいかもなーと思い

畑のみんなに声をかけてサプライズパーティーを企画した。

みんなでクラッカーでも鳴らすといいかな?

そうそう、プレゼントは何にしようかな。

いや、こうなってくると Cocodriloのライブははずせないでしょ!

B0127180_20304071_2 

・・・と私も彼女に負けず劣らず旺盛な妄想をふくらませはじめた。

追い込みでかなり忙しい時期だったのだけれど

逆に、そのサプライズパーティーの日がやって来るのを楽しみに

最後の工事に集中した。

Ca341721 20100912182230

201009132222259bd

結局サプライズパーティーは 鈍感で(ゴメン^^)しかもプレオープンで余裕のなかった二人のおかげで見事に成功しました。このときの様子はコチラでご覧ください。

予想通りココドリロのライブと夜の暗さと 店内、お庭、見事にぴったりあっていて我が家の主も感極まって影で泣いてた。

.

tipiちゃんが秋のクラフトフェアでリクエストしてからいつも私達の顔を見るとJackey さんが歌ってくれる もはやBeeの定番曲 「 You’ve got a friend 」↓

歌詞を聴くとあかん、泣けて来る…。ベタやなぁ・・・。

.

今回の工事は

設計者として 施工者として 大家として

いろんな意味を持つ工事だったけど

やっぱりいちばん底にあったのは

友人として

彼らと 彼らの夢をカタチにしたい。

という気持ちだったと思う。

だから

またもし VERT DE GRISみたいに、って言われても同じようには

出来ないかも知れない。

.

そんな

想いの沢山詰まった

場所になりました。

.

.

.

.

.

.

.

MAKING OF ポンプ場跡 その17

20100902165639

↑今回私達が この素敵な小屋を見つける事が出来たのは、このポンプ君たちが役目が終わってからもずっとこの場所にいてくれていたから。閉鎖と同時に解体されていればこの建物は10年も前に姿をなくしていたそうです。色々な事情のおかげでここに居て 私達が気が付くまでずっと待っていてくれて、ありがとね。

                                                        - - -

Ca341595

工事の方はほぼひと段落、後はオーナー二人の手に託す時期が来ました。

Ca341681

中の道具や荷物を全て運び出し、スタッフも一緒にみんなで大掃除。

60年の埃をかぶったポンプもすっかりきれいになって

だんだんキレイになって行きます。

Ca341705

工事完了を待ち構えていた沢山の什器や植物達も ワッセワッセとやって来ます。

Ca341702

いよいよお店になっていくんだなぁーと思っていたのですが

アレアレ、なんだか様子がオカシイ・・・

ちっともそこから進む気配が無いのです。

Ca341716

だいじょーぶかなー 間に合うんかなー

とハラハラしていましたが

プレOPEN3日前の夜になってようやく

バタバタと大荷物を抱えた二人がやって来ました。

Ca341717

OPENしてしまうとしばらく十分に出来なくなってしまうお花のレッスンや

いままで御世話になって来た人達へ 開店の挨拶周り

仕入れや手配 最後の段取りなどなど

山積みの用事をすましていたらその日になってしまった様でした。

Ca341713

結局プレオープンの前の日も夜遅くまでバタバタ走り回る二人。

本当にオツカレサマでした。

普段工事を担当するだけなら ここまで様子を伺い知る事はありませんが

さすがにここはお隣同士

彼らがいかに必死で頑張っているのか

ヒシヒシ伝わる毎日でした。

.

.

.

.

.

.

2010年10月 8日 (金)

MAKING OF ポンプ場跡 その16

Ca341395

↑畑仲間のtipiちゃんがくれた サンキャッチャーのひかり。我が家の壁にあたっていくつも虹が出来ます。薄暗い玄関にユラユラ、ほんとにキレイ。私の午後の楽しみのひとつです。

                                                        - - -

Ca341679

暑い アツイ 外溝工事の後は全体の仕上げに入りました。

Ca341676

照明器具の改造

Ca341728 

門扉の取り付け

Ca341737

看板の設置

Ca341736

駐車場のライン作り

Ca341699

電気の仕上げ

Ca341710

かなりギリギリまで悩んだフェンスは

Tightlock

結局牧柵資材のイノシシネットで代用しました。(イノシシが出ても倒れません・笑)

どれひとつとっても初めからコレ、と決めて居た物は無くひとつひとつ手探りで選んでいったモノ達です。

今回すごくストレスが少なかった理由のひとつに、コレだけ多くの事を決めていくのにすぐ隣に毎日施主が居てくれたこと、というめぐまれた環境があったと思います。そうでなければなかなかこういう風に手間がかかる工事の進め方は出来なかったのでは、と思います。

工事の主役はそれを頼んだお客さんです。

その人がいいと思うモノを。

いいと思う色を。

そうは思うけれどその場に居なければ

無難なあたりでまとめてしまう事もあります。

.

昔は現場にお茶の差し入れという風習がありました。

それは工事をしてくれる方に対する施主側からの心遣いと同時に

施主と現場のコミニケーション作りのために欠かせないものでもあったと思います。

時代が変わり、そういった風習は薄れていく中

お客さんがどんなモノを求めているのか

十分理解できないまま完成してしまうお家もあります。

B0127180_10313337

.

もしこれから工事を頼む機会がある方には

是非面倒ですが現場にこまめに足を運ばれる事を

オススメします。

他人どうしの付き合いから

本音を言い合える関係に

変化する頃には

満足感で一杯の大好きな空間が生まれていると思います。

不満を並べる関係ではなく信頼しあえる関係に

.

B0127180_1032138

.

そんな風になっていたいといつも願います。

.

.

.

.

.

.

.

2010年10月 5日 (火)

お知らせ

MAKING 長くなってきたなぁー・・・ちょっと疲れたので一休み。

お知らせをひとつ挟みます!

「IN RAKUDA HOUSE お茶会のご案内」

20100414204526 

-----------------------------------------------------------------

木津の旧市街地に「よっといで」と言う名前のコミニティカフェ(カフェっていうかお家っていうか・・・)があります。

使われなくなった古い木造のお家を改装し

地域のボランティアの方が中心になって

地域の旬の食材を使いランチを提供したり、

親子連れやお年寄りの方の立ち寄る交流スペースとして開放されています。

.

ふとした事でそちらにお邪魔する機会があり

ランチをいただきました。

.

まぁ、その賑やかな事^^

.

けして広いとは言いがたいスペースに

お年寄りから赤ちゃんまで沢山の方が来られていて、

暑苦しいほど濃厚な人の気配を感じます(笑)。

.

そう、昔おばあちゃんの家にみんなで集まってご飯をたべた

そんな感じ。

Dscn0548c

この地域では新旧住民が入り交じり地域のコミニティが分断されれつつある事が問題とされていて

出来ることなら地域の住民の手でもう一度新しい形のコミニティづくりを、と考えられ

始められた取り組みで、京都府の地域力再生プロジェクトの一環として

行われています。

.

そういう場所って 必要な時期があると思う。

病気をしたり、子育てに行き詰ったり、心細くなった時

誰かに黙って聞いてもらったり

がやがやした中で普段の悩みを忘れたり。

私にとってはちょうど Beeの農園がそれだったと思う。

ひとりだと煮詰まってしまう事も誰かと話すと意外とカンタンな事に思える時もあります。

.

-----------------------------------------------------------------

その地域力再生プロジェクト

なぜだか我が家にもやって来ます。

「わくわくスポット」っていうらしいんですが

京都府のアチコチで

これからなんかしたいなーって方が

集まってお話したり交流したり、

そんな会です。

.

今回は特に「なにか活動をしたり、してみたいと思っている女性の方」を中心に

我が家でお茶でも飲みながらおしゃべりしましょう。といった会になるようです。

特にテーマは無く、

ゲストに NPO法人働きたいおんなたちのネットワーク 吉田秀子さん をお招きし

集まった方でそれぞれの活動や困っている事など

お話しましょう。と言う会です。

10月14日(木曜日)10時から12時まで 

場所は木津川市市坂高座12-10 「フタコブラクダ(自宅兼事務所)」 にて

.

OPENHOUSEとは一転、生活感たっぷりの我が家ですが

さだちゃんのおいしいおやつもやって来ます!

良かったらお茶しにいらしてくださいませ。

.

お茶の用意もありますので、

できるだけ事前にご連絡いただければと思います。当日飛び入りも可です。

詳細 御問い合わせはフタコブラクダ伊藤 09096162911

-mail ito-gaucho■zeus.eonet.ne.jp(■を@に変えて送信してください。) 

又は主催のNPO法人子育てを楽しむ会(迫さん)

-mail npotanosimukai★ujikko.net(★を@に変えて送信してください。) 

まで

.

.

.

.

.

2010年10月 3日 (日)

MAKING OF ポンプ場跡 その15

20100917150556

↑壁にかかった白くてシンプルな四角いアート 通称「オヘソ」。静かに VERT DE GRIS の毎日を見守って?います。

                                                        - - -

内装もひと段落し、後半は恐怖の外溝工事が待っていました。

重たい枕木全部で100本!

20100707190329

鉄道会社からの運搬にはじまり20100707190402

階段作り

Ca341648

デッキ作り アプローチ作り20100823161743

もうええよってくらいみんなで枕木を運んだ。Ca341627 Ca341675 Ca341674

そしてひたすら、暑かった。

酷暑だったからテレビで連日熱中症での死者のニュースが流れ

毎日みんなの水分補給の心配ばかりしていた。

現場では 荒塩や梅干がやたら人気者だった(笑)。

Ca341652

やっと枕木が終わったなーと思えばお次は植栽で

20100831175739 20100831135211 Ca341686 Ca341687

またまた西日が辛い日が続いた。

このいちばんしんどい外溝工事はさすがに二人の手では手に負えず

沢山の友人達に手を貸してもらった。

通りがかりのA君、T氏。ちょっと呼ばれただけのMさん、T君

オーナー グリちゃん。

そしていちばんの功労者(犠牲者)beedama Bさん。

本当に有難うございました。

しんどかったけど、みんなでワイワイ、楽しかった。

Ca341685

.

みんなの思い出のセダムの壁

毎日変化を楽しみながら

お店に向かって歩いています。

.

自分で自分の家やお店作りに携わるってそういう事の積み重ねです。

あぁ、ここはこうしたなーとか

ここはこうだったなぁーとか。

出来上がってから、その場所にいる間ずっと

楽しい思い出に取り囲まれている感じ。

大変だけど、それを上回る充足感。

誰でも出来る事ではないけれど

もし機会がある方は是非チャレンジされる事をオススメします。

20100921 ↑B氏の作品 いくつかVERT DE GRISでもご覧いただけます。カワイイです

.

.

.

.

2010年10月 2日 (土)

MAKING OF ポンプ場跡 その14

Ca341304_2   

↑我が家の家法 自宅完成のお祝いに二人から貰った ウンベラータ。

家の外にこれだけ緑があるのだから、別に今更室内に植物は要らないのかと思ったけれど、それとこれとはまったく別のお話でした。朝目覚めて 家に帰ってきて、直に目に入る緑はすごく新鮮。なんとも言えない良い気持ちになります。

                                                        - - -

Ca341642

薄暗い中に差し込む光。建物に大切な物は影だと思う。

明るい事が良いことのように思いがちだけど   

.

明るいばっかりだと、ちょっとしんどい。

真っ暗すぎるとちょっとコワイ。

明るいところが見えている

薄暗い場所。

あなぐらみたいで落ち着く。

.Ca341632

真っ暗だったお店の入口付近

新しく作るトイレとの境のドアを作る為に壁をやぶると

北側からやわらかい光が入ってとてもいい感じだったから

急遽設計変更でお店とトイレの間にトップライトのある外廊下を挟む事にした。路地裏見たいでなかなかいい空間になりました。

Ca341633

北側のあかりは南側のようにギラギラしてなくて 変化も穏やかで植物の色もきれいに見えます。だから絵描きさんのアトリエなんかは北窓にされたりします。北庭を楽しむ文化も昔から日本にはあって、眩しくなくて、光があたった植物を愛でる事ができてなかなか素敵です。(でもちょっと寒いけどね。)

Ca341638

彼らはただ今ここにどんな植物を育てようか思案中。楽しみ楽しみ。

そう、植物、といえばオーナーの得意分野。植物の様子を見ながら 場所を変えたり、お水をやったり。答えがすぐに出ない根気の要る仕事です。

彼の見立てた観葉植物

店内にある色々なカタチの葉っぱ達。

お家にひとつ、連れて帰って見ませんか?

とてもいい時間が

我が家にやって来ます。

Ca341496

間取りの変更で基礎も変更。基礎はギリギリセーフで間に合ったけど水道の位置は元の位置のまま。無い知恵を絞って 不具合が無い様に考えました。だからチョコッとトイレの配置が微妙にズレてる。少し使い勝手が悪い人も居られるかな。ゴメンナサイ。

Ca341522 Ca341504 Ca341547 Ca341551 Ca341553 Ca341515 Ca341557

外トイレのあたりはたまたま仕事がお休みだった旧友ネエサンに大分と手伝ってもらった。焼杉板は全部張ってもらったし、子供達もずいぶん遊んでもらった。

はっきり言ってこの時稼いだ時間がなければこちらも後半かなりキツイ工事になったと思う。

この場をお借りしてお礼を言います。

.

こうろきネエサン有難う。本当に、君は最高の助っ人やったよ!

.

こうして段々と工事は後半に差し掛かっていきました。

.

.

.

.

.

.

2010年10月 1日 (金)

MAKING OF ポンプ場跡 その13

    20100925105046_3

↑半月前はまだポンプとペンキの匂いしかしなかった店内。今は毎日違うお花の匂いがします。始めは古道具の匂いがしたガラスケース。今はパンが入っていない時にもレガルのパンの香ばしい小麦の匂いがしています。

                                                        - - -

20100914_1063209 新しく作ったトコロと、元々あったトコロ。出来上がって3年も経てば同じように日に焼け 馴染んでいくけど、お店となるとある程度トーンは揃えておきたい

.

今回はいつもの工事にプラス エイジングの工事が入った。

タナカ君いわく「僕のやっている事はエイジングとはまだまだ言えない」

というほど奥の深い仕事。

塗ってははがし、塗ってははがし。

その塗装作業の中に

「この時はここに誰かが棚をつけた、という感じで」

なんてひとつづつストーリーを考えながら作業してくれた。

20100804_990954

Ca341606

20100804_990955

20100804_990972

Ca341605 

オーナーも参戦

20100804_990986

Ca341620

タナカ君の師匠も飛び入り、「ここに説明書きが元々あった、なんて面白いんとちがう?」って

20100914_1063074

Ca341707

これは元々水道管の通っていた 壁にあいた大きな穴

20100909191310

これだってしっかり遊ぶ。

.

おかげで、「何処までが新しく作ったトコロかまったくわからないくらい馴染んでいますね」

とお褒めいただく事が多かった。

.

.

作戦、成功。

.

.

ただ、

この作戦はペース配分が非常に難しい

もちろん手を入れれば入れるほど、

その場所は厚みを増していくんだけれど

全てにそのテンションで作業するほどには

予算を組めない。

元々この小屋が持っている雰囲気を生かし

最小限の汚しで

全体をまとめる。

これがかなり大変だったと思う。

作戦会議で延々と葛藤してくれた

NVチームに乾杯!.

.

good job!

.

.

.

.

.

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »