« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

さらば!変化の年 2010年

昨日は怪獣たちを連れてウルトラマンの映画を見に行ってきました。(家族サービスって疲れるわぁー・・・)ちなみにコレはこないだ遊びに来た園ちゃんにしゅわっちの図↓

20101106152018

20101106151934

こんな事をしてる間に もう大晦日になってしまいました。

ただ今恐怖の経理作業中。毎年新しい作業項目が増え、もう私の頭ではついていけない・・・(悲)。

今年は1月2日から営業していたからか なんだかすごーく長い一年でした。

住んでる所も 子供の保育園も お仕事のベースも何もかも新しいスタートの年。

なんとか無事過ごせた事を心から感謝しています。

ありがとう!さらばじゃ2010年!

そしてようこそ!我がウサギ年の2011年!!

(そう、ワタクシ年女なのです・笑)

ぴょーんぴょーん っといい一年にしたいなぁーっ。

皆様もどうぞ良いお年となりますよう、

そして新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

.

2010・12・31     フタコブラクダ 伊藤めぐみ

.

.

.

.

.

.

.

2010年12月27日 (月)

タイコとCOFFEE

Ca342192

ちゃんと予告通り行って来ましたよ!「中山珈琲焙煎所」。我が家から車で約10分。ヤッホー嬉しい。まったり出来そうな一服スポットが木津にまたまた出来ました!

20101225192011

Ca342191

試飲のほかにも ちゃんと立ち飲み珈琲スタンド?にもなっているカウンター。お店の中には珈琲を淹れる いい匂い

男の子らしいあっさりした内装。かっこいい焙煎機。やーほんまに ええ感じデス。愛想のないのが外国の店頭みたいで。珈琲好きに愛される 息の長いお店になる事を祈って居ります!

.

.

そして、やって来ました我が家にタイコ。

Ca342188 Ca342187

こんな調子でずーっと二人で楽しくポコポコやってます。

喜んでもらって何よりですワ。

.

.

.

.

.

.

2010年12月25日 (土)

中山くんの珈琲焙煎所

Ca341963_2                  画像は畑に出張珈琲に来てくれた日の様子

お知らせです!

畑の珈琲マンnakayama君が加茂で自分の焙煎所をOPENしました!

以前より焙煎所はありましたが、注文してから焙煎してもらう受注生産式だったので手軽、とはいいにくい感じだったかな。(以前よりBeeのエトセトラでは焙煎した豆が購入できましたが。)

これからは直接話しを聞いて、試飲しながら自分好みの豆が探せます。

中山くんのオモローキャラはなかなかのモノです。珈琲淹れるイベントの時には蝶ネクタイ姿で登場します(笑)。豆もいいけど本人の珈琲好きを聞いてるだけでも愉快です。美味しい淹れ方も教えてもらえますよ^^

山や田んぼが見えるのどかなところの様です。是非お正月にのむ珈琲豆を仕入れにいってくださいませ。私も近々行ってみようっと。

nakayamacoffee
〒619-1127
京都府木津川市南加茂台9-15-2

定休日は日曜、月曜、(イベント出店による不定休もあります)
営業時間は12時~20時
年内は30日まで、年始は2日からオープンしてます。

詳細はコチラ

.

.

.

.

.

2010年12月22日 (水)

プレゼント

いやいや、誰が考えたんでしょうね。この年の瀬にサンタからのプレゼント(笑)。

世のお父さん、お母さん。ご準備出来ました~?例のソレ。私もなんとか 今年はちょっと余裕の二日前、本日ゲットしました。ほっ。

今年は早くにクリスマスにはタイコが欲しい!とリクエストを頂いていたのでかなり余裕でプレゼントを捜し求めに出向いたのだけど(毎年24日の夕方何にしようか悩んで焦ります)、ちっとも そうコレコレ!と頭に思い描いたタイコが売り場に無い・・・

そもそもなんでタイコかって言うと、我が家のオチビ達が今年から御世話になっている保育園の運動会では毎年一番年長さんが太鼓を手に手にパレードする「鼓隊」を披露することになっているらしく、引越ししてきて初めて目にしたそれは、二人にとって結構カルチャーショックだったみたいで運動会が終わってからもしばらくなにやら棒を見つけてきてはポコポコたたいて歩く二人。

サンタさんから何が貰いたい?の問いに「タイコ!」と言ったので驚いた。まだ覚えてたのね。

それで売り場を探したのだけれどいわゆるキッズタイコってすごーーーーく ちゃちっい。叩くとこもふにゃふにゃやし、デザインもぱっとしない。でもって本格的な民族系のヤツは棒でなく手のひらでたたく物が多いし、首から下げるタイプが少ない。そんでもって楽器店のモノは固いイメージの物かこどもだましっぽいものがほとんど。

うーん・・・と疲れ果ててたどり着いたのはナラファのボーネルンド

Images_5

Img56587165_2 

ソロソロ探して歩くとありました!想像通りのモノが。親のエゴっぽくていやだなぁーと思う値段設定と色使いだけど いいものはやっぱりいい。我が家は年子で同じ物をあげないと喧嘩になるのでふたつ買いました。二つで1万2千円なり チーンッ。。。

はぁー。

まーいいか。

これなら壁に飾ってもカワイイ。

.

さてさて残すところ今年もわずかになって来ました。

皆様残されたミッションを無事こなして いいお正月を迎えましょうね!

.

.

.

.

.

2010年12月15日 (水)

「オーガニック マーケット」IN NARA

080502_12120001

この年の瀬のあわただしい中 奈良では第一回 「オーガニックマーケット」が開催されます。こんな年の瀬になってしまったのにはイロイロ訳があるのですが、(訳を聞いてみたい人は宣伝部トオル隊長にお聞きくださいcat)でも冬って実はオヤサイの収穫期としてはなかなかいい時期。寒い朝と野菜の並ぶ蚤の市ってきっといい画になるんだろうな。

実はワタシ個人的にあまりオーガニックってくくりは好きじゃない。なんか構えてるイメージ。でもこの主催の五ふしの草のオーナーがこのマーケットについて書いてある文にはすごく共感する部分がある。

大切な人、愛する人達に食べて欲しいという
目に見えない気持ちが込められた野菜
そしてそれを育てる人、料理する人、食する人、
皆の心が繋がる
そんなマーケットを目指しています。」

12月26日(日)旧JR奈良駅駅舎前にて(小雨決行)

あったかくして是非 お正月にいただくお野菜を買い込みにお出かけください。

.

.

.

.

.

2010年12月14日 (火)

鴨川建築塾

Ca342167

今日は少しだけいつもと違う時間

久しぶりに京都へ行ってきました。

Ca342171_2 

コチラは京都大学所有の 「清風荘」

庭園は有名な小川治兵衛さんという方によるものらしいです。

はっきり言ってこのあたりの知識ゼロのワタシですが(駄目じゃん)

先入観なくのんびり建物を見て参りました。

普段は関係者しか見れない国の名勝との事ですが

今日は京都鴨川建築塾のOB会という事で

少人数で 時間もたっぷりとっていただき

見学する事が出来、また建物についても色々とゆかりのお話を伺ってきました。

Ca342168

日常から離れ ゆったりとお庭と建物を楽しむ機会を持てました。

塾主催 DACのボス、森本社長! 今日はお声かけいただき有難うござます。

.

.

この京都鴨川建築塾、現在7期目。ワタシは確か2期で御世話になりました。

長男の陸の産休中、自分の仕事と人生のこれからのカタチがイマイチ見えず、

もやもやしていた頃に一年間いろいろいい刺激をいただきました。

建築に携わる方には非常に面白いプログラム構成、

しかも呑み助には最高! 毎回講義の後に宴会があります(笑)。

ワタシは遠方&妊婦だったのでほとんど参加できませんでしたが

雑誌に取り上げられる一流建築家の先生と一杯交わしながら

建築談義が出来る貴重なチャンスなのです。

.

塾長は雑誌「住宅建築」編集顧問の植久哲男さん

顧問に「チルチンびと」編集長の山下武秀さん

相談役には建築評論家の平良敬一さんという豪華さです。

すごいですねー

このあたりを関西にひっぱって来れるのは森本社長のネットワークあってのものだと思います。ご興味ある方は是非来年4月からの8期にご参加ください。

.

.

.

.

.

.

2010年12月13日 (月)

ここんとこ

Ca342162_2

しばらく家でカンヅメの日々

有難い事に沢山のオシゴト。

ゆっくり向き合い

きちんとこなしたいけど

でも今のペースじゃこなせない。溜まっていく約束事。皆様ホンマにゴメンナサイ。

・・・来年はじぶんのやり方を再検証しなくてはイカンと思う今日この頃。

目指せ「 ゆっくり向き合うけど きちんとこなせるワタシ 」!

Ca342163

 「いきものがかり」の夫が(笑)また何処やらで仕入れて来たグッピー君たちに目を休めてもらう。でもやっぱり夕方 目がショボショボ頭もグルグル 作業不能になって現実逃避の小旅行

Ca342165                    oyatsuya+109ちゃんの工房

日によってあるものが違う彼女のオヤツ工房この日は「洋ナシのタルト」でも底にプチプチ覚えのある食感が・・・根っからのいちじく好きめ!きっとそうに違いない(笑)。ここが完成して早くも一年以上の月日が過ぎた。マイペースで頑張ってる様子でホッとする。焼き菓子の匂いが染み付いてきた作業スペース。杉の板も鉄の庇もいい色になってきている。

.

今紙の上でああでもないこうでもない、と思案している空間たちも

はやくこうやって目に見える様になるといいなぁー 

.

・・・さーもいっちょガンバロ。

.

.

.

.

.

2010年12月 9日 (木)

panbooちゃんの食卓

20101202011_3   

お気に入りのブログってみんなイロイロあると思うのですが、私の現実逃避(デスクワークの・笑)ブログチェックのひとつpanbooちゃんの

地元の方にはもう言わずとも、って感じかも知れませんが彼女の撮る写真、 切りとった食卓に並ぶ食べもの達はどれも素朴で 美味しそうで 愛情をたっぷりかけて丁寧に作られたものばかり。本当に豊かってこういう事なんやろうなぁーっていつも思ってしまう。

表面的なモノではない 「食」 に対する愛情が感じられて、私は大好きです。

ちなみに我が家はまったく スピード命! の食生活なので無いものねだりで憧れます。panbooちゃんよ我が家に嫁に来ないかい?

.

.

.

.

2010年12月 7日 (火)

その場の「いい」と思う部分

Ca342150_2

初めて訪れる場所。 いつも大体、

ここ好きだな、とかここ苦手だな、とか思う。

そんで好きだと思う場所にはよく、この部分がええなぁ、とか思う部分があったりする。

ここはスケルトンで引渡しされた改装前の現場。

今まで壁の下に隠されてきた 古いコンクリート造の荒い下地の塗り

櫛引きみたいで なんや面白い。出来ればこのまま残したい。

Ca342149

それと このお店は多分この大きな窓が主役になると思う。

.

.

Ca342140

こちらも解体して表に顔を出してきた古い木造の木組み。

最近こういう木の組み方はあまりしない。

昔はみんな結構荒い造りも平気でやってたから、

この上にじかに薄い仕上げの床板をはっている。

さすがにそのままでは床が抜けるので間に小梁をかけているだけなんだけれど

逆に、その大きい梁と小さい梁が交互に見えるのがリズムがあって面白い。

Ca342139

出来る事なら、ここもこのまま見えるように残したいと思ってる。

.

Ca341816

この梁がかかる

昭和の香りのする古い木造の建物。

ここも なんだかすごく良くなりそうな気がしてます。

.

.

別に私は、古い物が好きなわけではないですが

でも

近頃作ったのではないものには

せっかちでルールと見かけばっかりの今の建物にはない

自由なやり方や のびのびしたカタチ があって

人間くさくて いいなー、と思ってしまうんです。

.

さて いよいよ師走。

自分のキャパの無さを痛感するこの時期。

.

みなさま御風邪など召されぬよう、

無事年末を乗り切りましょうぞ!

.

.

.

.

.

 

2010年12月 1日 (水)

薪探し&海遊館

            Ca342133_2                     ナイトスクープに出てきそうなパラダイスっぷり。私こんなん大好き!

先週末もやっぱり薪探しにでかけた。ここはそれなりの値段で買う薪屋。大阪から阪奈の上り口あたりにあるのをずっと前から看板を見て知っていて、今週末急に寒くなると聞いて本気薪も多少常備せねば、と思い買いに行って見ました。

なんでもやっぱり値段なりで、ちゃんとお金を払えばいい薪が手に入る。でも大量に消費するのでちょっとは節約したいから自分で運んで運賃だけでもカットしました。(薪って重いから運賃が高いのよね。)Ca342132

造園屋のおっちゃん達が暇にまかせて薪割り機でえっちらおっちら来年の薪を作っている横にうずたかく積み上げてある乾燥薪。なぜだか敷地にはウコッケイが放し飼いしてあり卵まで売っていた。

そして 日曜は珍しく夫がお休みだったので急遽海遊館とIKEAに。

次男坊ハルはお魚大好き!何時間でもジンベイザメの水槽の前でボーっと過ごせるみたい。ニコニコぼーっ。ニコニコぼーーっ。波長があうんやね。きっと(笑)。

Ca342124

長男 リクは見るより断然触る派。エイとサメにタッチできるコーナーにはまってました。

Ca342125_2

Ca342130

久々の家族揃ってのお出かけに子供たちはテンションMAX!

疲れたけど、またまには、遊んでやらんとねー。

.

.

.

.

今でもよく思い出す、小さい頃色んな場所に連れて行ってもらった記憶。花火大会、夏のプール、家族で行った白浜の旅。素敵な思い出はいつまでも残ります。

お父さん、お母さん、ほんとうに 有難う。 

.

.

.

.

.

.

.

.

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »